処方箋や漢方の種類|豊田市の内科、循環器内科|さなげクリニック

愛知県豊田市井上町4-141

ブログ BLOG

処方箋や漢方の種類

リベルサス(セマグルチド)

GLP-1(グルカゴン様ペプチド−1)受容体作動薬に分類される糖尿病治療薬です。GLP-1は腸から分泌されるインクレチンホルモンの一種であり、血糖値を下げたり、食欲を抑制したりする作用があります。初めて内服する方は3mg1ヶ月の処方となります。

服用方法 1日のうちの最初の食事又は飲水の前に、空腹の状態でコップ約半分の水(約120mL以下)とともに1錠を服用する。服用時及び服用後少なくとも30分は、飲食及び他の薬剤の経口摂取を避ける。
副作用 頭痛・胸焼けなどの胃腸障害。
注意点 胃腸障害のある方、妊娠中、授乳中の方は服用できません。

マンジャロ(チルゼパチド)

持続性GIP /GLP-1受容体作動薬に分類される糖尿病治療薬です。GIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド)はインクレチンホルモンの一種であり血糖値の制御、食欲を抑制、脂肪利用を亢進させる作用があります。本剤はGIPとGLP-1の作用を有しており、効果的に血糖コントロールができ、体重減少も得られると評価されています。初めて使用する方は2.5mgから開始します。

使用方法 週に1回皮下注射する。
副作用 吐き気、便秘、下痢などの胃腸障害。低血糖発作。
注意点

すでに糖尿病治療薬を内服中の方は服用できません。

胃腸障害のある方、妊娠中、授乳中の方は服用できません。

ジャディアンス
(エンパグリフロジン)

SGLT2阻害薬に分類される糖尿病治療薬です。尿へ過剰な糖が排出されることにより血糖値が低下します。体内の過剰な糖が排出されるため体重減少の効果があります。

服用方法 1日1回朝食前または朝食後に1錠内服
副作用 脱水症、尿路感染症、低血糖などがあります。

防風通聖散

おなか周りの脂肪や肥満症に効果があります。脂質代謝を上げて脂肪の燃焼を促し、吸収されなかった脂肪は便と一緒に排泄されます。体内の余分な水分も排出されるためダイエットだけでなくむくみの解消にも繋がります。

副作用 下痢、腹痛、吐き気、咳、発熱

さなげクリニック
医師
⇒院長の経歴はこちら